最近の更新
PTA会長 松原 正和   令和6年度PTA会長に就任しました松原です。日頃よりPTA活動にご理解・ご協力頂き、誠にありがとうございます。  総会の時にも話した通り、PTAとは私達役員の為の組織では無く、会員の皆様一人一人のお子様(生徒)が充実した学校生活を送るバックアップをする為の組織です。ですから、会員の皆様に参加して頂き、保護者が一丸となって、水農を盛り上げていきたいと思っています。その為に、気軽に参加して頂き、直接意見をぶつけて頂いて構わないと思っています。  一つ皆様にお願いしたい事があります。それは、通学時の自転車・バイクでの事故についてです。事故を起こすのは一瞬です。私の知り合いでも、事故で若くして亡くなった方、後遺症が残っている方がいます。そういう方を目の当たりにするととても辛いです。被害にあう生徒を一人も出さない為にも、家庭でヘルメット着用や運転マナーについてお話頂ければと思います。 PTAの行事として、研修会や公開講座等は趣向を変え、水農ならではという内容にし、研修会では生徒達と一緒に寄せ植えの実習を受けるスタイルにしたところ、お互いに刺激になりプラスになりまし...
5月26日イオンスタイル水戸内原店、ご来店ありがとうございました。 次回の販売会は次のとおりになります。   日時 6月1日(土)10:30~12:30   場所  茨城県立歴史館 (旧水戸農業高等学校本館) 水戸市緑町2-1-15   販売物 加工品、生鮮野菜など   歴史館まつりにて、旧水戸農業高校本館での販売会です。 ぜひ、ご来店ください。 ※数に限りがございます。売り切れの際はご容赦ください。
役 満 では進路指導を進めるにあたり大切にしている冊子が二つあります。一つは「進路の手引き」もう一つは「進路資料」です。   この二つの冊子を要に生徒の皆さん一人一人の進路活動は進んでいきます。前者は就職・進学に向けた活動の進め方や心構えを、後者は水農の歴史と伝統を素地に進路活動で「苦労したこと」「大いに役立ったこと」等の先輩方の率直な声などを中心につづられております。   皆さんには、手もとの「進路資料」を通じて先輩方の温かい声に気付き、そして先輩方に感謝し、一人一人が望ましい職業観や勤労観の醸成を図りながら、未来の自分の活躍を願いつつ、しっかりとした目標をもった進路活動に臨んでいただきたいと考えております。   その際ですが、ご家庭の考えはもとより、学年や進路指導部の先生の意見を心に留め置き、主体性をもちながら、見通しをもちながらことを進めてください。   ところで、「磨励自彊(まれいじきょう)」という四字熟語があります。磨励とは「一所懸命に励むこと」、自彊とは「自ら努め励むこと」、その上で、磨励自彊とは「大いに修行して自ら励むこと」の意味に近いことが辞書等では記さ...
5月11日に行われた全国総合体育大会水戸地区予選会に男子団体に第6シードで出場してきました。惜しくも準決勝で敗れましたが、3位決定戦に勝利し、出場17校中3位という結果でした。この結果から、18日に行われる県大会に出場してきます。 団体戦地区3位という結果は、役 満 の硬式テニス部では歴代最高成績となります。入部当時は硬式テニス競技未経験者しかいないチームでしたが、選手・応援ともによく頑張りました。3年生の3年間の努力が実った結果だと思います。新しく入った1年生とともに、さらによいチームになれるよう励んでまいります。   ☆他校の硬式テニス部の方へ 合同練習・練習試合等お誘いいただけますと幸いです。ご連絡お待ちしています。   ☆入部を検討している皆様へ やる気があれば経験者・未経験者問いません。男女ともに部員を募集しています。一緒にテニスに打ち込みませんか。まだまだ募集中です!
硬式テニス部 関東高等学校テニス大会水戸地区予選会   硬式テニス部ですが、4月に行われた関東高等学校テニス大会水戸地区予選会に出場しました。個人戦は惜しくも県大会出場を逃しましたが、団体戦では地区6位に入賞し、県大会出場を決めました。 地区予選からとなる4人制団体戦での県大会出場は、役 満 では2007年以来17年ぶりとなります。生徒からは「水戸地区の代表として、胸を張って戦ってきます。また、5月の総体予選でもよい結果が残せるよう新1年生とともに練習に励んでいきます。」とコメントがありました。   ☆保護者・地域・応援してくださっている皆様へ いつも硬式テニス部の活動にご理解・ご協力いただきありがとうございます。 今年度も結果で恩返しができるよう励んで参ります。どうぞよろしくお願いいたします。   ☆他校の硬式テニス部の方へ 合同練習・練習試合等お誘いいただけますと幸いです。ご連絡お待ちしています。   ☆入部を検討している皆様へ やる気があれば経験者・未経験者問いません。男女ともに部員を募集しています。一緒にテニスに打ち込みませんか。  
水戸農業 8×2 鉾田第二 投手:小林(水府) - 寺門(金砂郷)  4月11日(木)、春の県大会進出をかけた水戸地区代表決定戦が行われました。1年生も多く入部し、ベンチ20人とても活気がありました。  試合は、初回、2番田村(城里常北)の三塁打で幸先よく先制し、続く荻津(内原:水戸青藍舎ヤング)も三塁打を放ち、2回までに4対0とリードしました。3回表、エラーで出塁を許し、ヒットが絡み2点を返されてしまいました。その後、両チームともにランナーを出すものの一本が出ず、終盤までもつれました。8回裏、四球と連続バント安打でチャンスを作り、9番小谷(八千代第一:常総シニア)が、タイムリーを放ち、4点を取り試合を決めました。先発の小林は、毎回のようにランナーを出しながらも、崩れることなく、9回2失点(自責点0)の完投で、素晴らしい投球をしてくれました。  昨年の7年ぶりの県大会出場に続き、2年連続で県大会出場を決めました。目標である、県ベスト8の常連になることを叶えるため、1試合でも多く勝利を収めるよう頑張ります。  当日は、応援に駆けつけてくださった方、激励のメッセージや差し入れなど、ありがとうご...
 4月19日(金)、第1回PTA運営委員会が開催されました。 PTA本部役員、各学年委員の委員長、教職員等が参加し、5月18日(土)に行われるPTA総会に係る議題について話し合いました。  PTA総会に関しましては、先日、お子様を通じてお知らせを配布させていただきました。出欠表と委任状の提出は、お知らせに記載のQRコードよりお願いいたします。なお、提出締め切りは4月26日となっておりますので、出席、欠席に関わらずご提出くださいますよう併せてお願いいたします。
役 満 では、農業の実験や実習を通じて、全日制7学科それぞれが切磋琢磨し、豊かな人間性や社会性などをしっかりと兼ね備えた将来の地域の農業技術者を育成しております。また、定時制農業科におきましては、こうしたことに加え、心にゆとりをもって自分を見つめ将来を考える活動を充実させ、地域社会に貢献する人材も育成しております。(各科の詳細につきましては、各科のページをご覧ください)   全日制7学科は、農業科A、畜産科Z、園芸科H、生活科学科L、農業土木科E、食品化学科M、農業経済科Cです。定時制は農業科Pです。   各科学年ごとに1クラス40人が定員です。定時制農業科Pも1クラス40人が定員ですが、定時制ですので1年から4年まであります。 アルファベットはクラス名の略です。例えば、畜産科1年ですと「Z1」と呼んでいます。   続いて、農業教育の中で大切な取組のひとつ「学校農業クラブ活動」についてご紹介します。この活動をねらいは、「科学性」「社会性」「指導性」を身に付けることです。この3つを身に付けることで、実社会で活躍できる素養も身に付きます。役 満 生には、学校農業クラブ活動にこれまで以上に熱...
 生活科学科3年 笹嶋香花さん 作品名:GIFT ~日々の感謝とこれからの未来~ 「感謝~健康と元気を大切な人に~」をテーマに応募総数580通の中から製菓部門5人に選ばれ、東京で行われた全国大会に出場しました。見事、銀賞を受賞することができました。調理系の進路へ向けて、大きな成果を残しました。 指導教官より  短い期間の中で試行錯誤を繰り返し、持ち前のセンスを活かして、完成度の高い作品を完成させました。これからの飛躍を大いに期待しています。  
<ごあいさつ> 地域の皆さまには、日頃より役 満 の教育活動にご理解とご協力をいただき誠にありがとうございます。 私は本年4月1日に結城第一高等学校より着任いたしました校長の堤祐二と申します。専門は土木設計や施工、測量などの農業土木です。どうぞよろしくお願いいたします。 さて、このたび役 満 のホームページに「春夏秋冬~校長室からの季節の便り」を開設いたしました。今後、学校の様子などをご紹介してまいりますので、ご覧いただきますよう併せてお願い申し上げます。   令和6年4月1日(月) 校長 堤祐二
 拓殖大学北海道短期大学の古屋教授を招いて、3月28日に新2年生および3年生が講座を受けました。農業に関わる内容や進路選択に関わる内容まで、高校生に対して分かりやすく且つ熱心に指導していただきました。  参加した生徒の中には、北海道の大学に進学を希望する生徒や北海道で農業の経験を積み、就農をしたいと考えている生徒がおり、真剣に聞いていました。  役 満 は夏季休業中に、北海道清水町にてファームステイを行っています。令和6年度は8月上旬に1週間の日程で開催予定です。さらに、北海道の大学等への進学も多く、令和5年度は酪農大学獣医学部へ合格した生徒もおります。
【⚾球春到来⚾】  3月3日(日)、待ちに待った高校野球練習試合解禁。役 満 は変則マッチで県内有数の強豪校と対戦させて頂きました。 ◎第1試合:先発の桜井(山方中:茨城シニア)が、5回を投げ、1失点(自責点0)と試合を作りました。ピンチを招くも、三塁手朝倉(常澄中)が、難しい当たりを2つ併殺打に取り盛り立てました。打線も1番小瀧(城里常北中)が2死からヒットで出塁し盗塁、2番荻津(内原中:青藍舎ヤング)がセンターにタイムリーを放ちました。スピード感のある鮮やかな先制点でした。9回に3失点し敗れはしましたが、強豪校相手に冬に取り組んできたことが出せて少し自信をもつことができました。 ◎第2試合:相手校、メンバーを入れ替えて臨みました。序盤に強風も影響してか、外野手の連続落球で失点を重ね、9回表を終えて7対10と絶体絶命の展開でしたが、四球にヒットを絡めて、同点に追いつくと1死満塁から、レギュラー争い真っ只中の山内(水戸第三中)が、維持の犠飛を放ちサヨナラ勝ちを収めることができました。レギュラー争いも激化していて、とてもチームに活気があります。 目標の県大会出場、そしてその先の勝利を目指して突き進んでいきます...
【合宿】  シーズンインに向けて、2泊3日の合宿を行いました。入試の関係で長期の休みに入る前のこの時期に、目いっぱい自身を追い込みました。  1日目:悪天候のためグランドが使えず、午前は長距離走、サーキットトレーニング、午後はスイング、ティ打撃、ウエイトトレーニングを行いました。中でも田村選手は(城里常北中)、デッドリフトを200kg超えの重量で行っており、とてもパワフルです。夜は、みんなで近くのラーメン店に出掛け、好きなものを好きなだけ食い込みました。 2日目:快晴ではあったものの、グランドは前日の雨で使える状態にハイロー オーストラリア ログイン ったため、駐車場でサーキットトレーニングを行いました。とても辛いメニューでしたが、主将の小瀧(城里常北中)を中心に、明るく前向きに、良い意味でふざけながら頑張っていました。通りかかった先生方にも激励を受けて嬉しそうでした。午後は、1人5周ノーミスのボール回しを監督、コーチも入り全員で行いました。絶対にボールを落とさないように、大人もダイビングキャッチをするなど、必死で白球を追いかけました。とても意味のある練習になったと思います。次に班に分かれて、フリー打撃、特守、投手練習など...
第57回 茨城県馬術選手権大会   2月24日(土)、25日(日)に、役 満 乗馬センターにて茨城県馬術選手権大会が開かれ役 満 生徒も参加しました。それに先立ちまして、23日にはネクストエイジ講習会が開かれ茨城県を代表する先生方より指導を受け、今後に活かす体験をさせていただきました。  高校生以外の一般の選手と競う大会はとても貴重で、馬術の視野が広がりこれからの大会に向けて一人一人が大いにためになったと思います。 主な結果は次のとおりです。 (障害飛越競技) ・バーティカル60cm   3位 定時制農業科2年 山田ななみ ケイアイスープラ ・ビギナーズカップ70cm 1位 生活科学科2年 古内大夢 サダムコーティ ・クリスタルカップ90cm 2位 農業科2年 青柳煌 タンピネス ・クリスタルカップ90cm 3位 畜産科1年 髙山舞優 タンピネス